TOP > 地盤問題
   
 
 
 
 
地盤に関わる数々の問題や事故を下記に挙げました。地震の影響で地盤の重要性をご存じの方も
多いと思いますが、代表例として掲載しておりますので改良前の参考にしてください。
土地評価の目減り問題
2003年1月1日より適用された土地評価に関する方針に関して、お聞きになられたことはおありでしょうか?土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、もし発見されれば、土墳汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて算定されるというものです。今では大型物件を中心に適用が開始されています。

 
地盤改良・補強工事によっては!数百万円も土地の時価が下がる?
2003年1月1日より不動産鑑定評価基準が改正されました。 これによると、地中の埋設物も土地履歴として正確に評価されます。 もちろん埋設物はマイナス評価になり、将来の撤去費用が発生したり、土地そのものの地価のマイナス要素として判断され、 結果として地価の下落につながります。
 
環境汚染問題
セメントを使った地盤改良だと、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。2003年2月15日に土壌汚染対策法が施行されました。この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生してしまったら、土地の所有者である皆様は、その汚染物質の浄化義務を負うことになります。

 
六価クロム(Cr6+)とは
六価クロムとは、かつて重大な社会問題となったアスベストと並んで二大発ガン性物質として国際がん研究機関(IARC)及び アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)によりリストアップされている非常に危険な物質です。 人体影響としては慢性障害でアレルギー性皮膚炎、肺がん、急逝障害で皮膚の火傷、壊死、下痢、嘔吐などです。

 
■地震、雷、火事、地盤  
昔から日本では、怖い物の代名詞に「地震、雷、火事、親父」などと言われていますが、本当は親父ではなくて「地盤」ではないでしょうか。お父さん(親父)は心優しい一家を支える大黒柱です。怖いはずがありません。ここでいう地盤とは家を支える「地盤」の事です。

近年、急激に増加した欠陥住宅。その原因の中には、軟弱地盤に建てられたことによるものだという実例が数多くあります。日本の国上は他国に比べ、軟弱地盤が多いと言われており、宅地として利用できる上地は決して多くありません。ところが、住宅事情の変化にともない、軟弱地盤にも人工的に手を加え、宅地として利用するようになってきたのが地盤事故の原因と思われます。

 
   
将来の補償はできるのでしょうか?
家を建てた後に建物に関しての性能検査はほとんどの会社がされていると思われますが、 その建物を支える地盤に関しての十分な性能検査は一般の住宅地盤改良では行われていないのが現状です。一方、公共工事では地盤改良後、性能検査が義務付けられております。品質不良問題が騒がれる中、住宅地盤改良後に、性能検査が行われていないことは、 事故増加率に拍車を掛ける可能性があると示唆されています。

そして、地盤保証制度の中には保険会社のついていない、 地盤改良を施工した会社が自社保証をおこなっている場合もあります。 その場合万一その会社が倒産した場合には、事故が発生しても保証がおりなくなりますので注意が必要です。

 
   
 
 
地震大国日本での地盤事故  
地震大国日本。このような軟弱地盤の上に家を建てるのは、不安の上に家を建てるようなものではないでしょうか。近年発生した地震による地盤事故や家の破損事故、このような事故の中には、適切な地盤補強や改良を施していれば防げていた事故も数多くあったと思われます。また、被災地の地盤沈下が深刻な問題の一つです。沈下した地盤は、余程固い地盤でない限り、改良を施さないと地盤の危険はつきまといます。

 
   
改良・補強工事を行った地盤は本当に強くなっているのでしょうか?

火災事故は1,000件に対し4〜5件程度発生するのに対し、 地盤事故は1,000件に7件以上も発生しています。事故が起こった場合の損害額は統計によると、 平均して1事故あたり約566万円の補修費用が発生します。
住宅品質確保促進法が施行されてから、地盤事故に対する補償制度が確立され、その実態が明らかになっています。

 
   
 
 
地盤の大敵、液状化現象  
液状化とは、細かい砂が緩く積もった地盤に起こる現象のことで、砂が、地震などで圧力の強い水に押し上げられ、支持力がなくなり、液体に近い状態となることで、このときに水と一緒に細かい土粒子を持ち出すため地盤沈下が起こります。今回の東日本大震災でも、地盤改良を施していない宅地などで液状化が大きなダメージを与え、社会問題にまで発展しました。

 
液状化がもたらした責任問題!

国土交通省告示1113号 第二(平成13年7月2日)では、地震時の液状化による地盤の変形について有害な損傷、 変形及び沈下が生じないことが定義されています。今後ますます住宅会社の施工責任は問われることになります。

 
   
 
   
不同沈下  
軟弱な地盤や、盛土地盤などで、地盤が徐々に沈下してその上の建物が地盤に追随して傾くことがあります。このような現象を不同沈下と言います。また、地盤補強・改良をしても、不同沈下等による地盤事故が発生してしまうケースも数多くあります。

 
大雨の地盤災害  
大雨による地盤の緩みや土砂崩れ、雨の多い時期になるとよくニュースで知る事が多くなりますが、これも他人事ではありません。 新しい住宅造成地や高い盛り土をしている場所。また、傾斜状の宅地などでは、その水量により地盤の緩みや沈下などをおこす割合が多くなります。場所と環境によっては地震より怖い存在かもしれません。  
   
   
 
 
 
株式会社佐々木興業 〒986-0304 宮城県石巻市桃生町樫崎字太郎山3-1
TEL:0225-76-1801 FAX:0225-76-1714
E-mail:monou@sasaki-kogyo.jp
Copyright (C) 2012 Sasaki Kogyo Corporation. All Rights Reserved.